胡桃堂喫茶店

[1.28]まちが もっと気持ちのいい場所になるために 必要なこと ~インフォーマルパブリックライフとカフェ~

みなさま、どうもこんにちは。
胡桃堂喫茶店スタッフの今田です。
 
この度思いがけない機会が実現しましたので
みなさまにご案内させていただきます。
 

カフェ文化研究家・飯田美樹さんをお招きし
----------------------------------------
パブリックライフとカフェの関係性
----------------------------------------
ということ考えてみたいと思います。
 

 

飯田さんとの出会いは、
クルミドコーヒー店主/クルミド出版発行人である影山が
2009年に飯田さんの著作『caféから時代は創られる』
を読んだことがきっかけでした。
 
ピカソ、モディリアーニ、レーニン、ヘミングウェイ、サルトル……
20世紀の初頭、パリのカフェが
いかに「時代を創る」役割を担ったかについて
実証的に語ってくださるこの本に
スタッフ一同、今も勇気づけられている本です。
 
昨年、そんな飯田さんとお話しする中で
現在の関心が
「インフォーマルパブリックライフにおける
カフェの重要性」にあるということをお聞きしました。
 
"informal public life"
直訳すると
「気取らない公共生活」でしょうか……。
なんだかいまいちピンと来ませんね。
 
もともとはアメリカの社会学者
レイ・オルテンバーグが"the Great Good Place
(邦題『サードプレイス』)"の中で語っている言葉で
飯田さんが
「老若男女が行き交い、ちょっとした時間を過ごし、
なんだか楽しそうな雰囲気のある場での過ごし方」と説明してくれました。
 
こうなると、なんだかちょっとイメージが湧いてきませんか。
 
ただ一方で、
先ほど"public life"を上手に訳せなかったことが示すように
日本ではまだまだイメージできないのが現状。
「ヨーロッパは進んでいていいなぁ」
なんて思う方もいるかもしれませんね。
 
しかし、ヨーロッパの多くの都市も昔から変わらずに
"public life"が存在し続けてきたわけではありません。
それらを獲得してきた歴史があるのです。
 
ではどうすれば
インフォーマルパブリックライフを豊かにしてくれる
心地よい公共空間をつくることができる のでしょう。
 
飯田さんは
研究や実践を重ねてきた先人たちの知恵を学びつつ、
その質を高めるのは
カフェにあるのではという仮説を持っています。
 
当日は飯田さんの発表を聞き、
来ていただいた方と一緒に
ディスカッションができるといいなと思っています。
 

また、実は
クルミド出版から
飯田さんによる上記のテーマの本を出版予定です。
 
出版は英語ではpublishing。
文芸作品や情報を製作し、周知するプロセス。
すなわち、情報を公にするという意味合いが含まれます。
 
出版と日本語に訳してしまうと
どうしても物質化するイメージに固定化されますが
「知を公にし、その先討議して、知を深めていく」
ということも出版社の役割であると考えます。
 
また、カフェからはじまった出版社である我々が
カフェというメディアを通じて
情報を公にしていくのは
自分たちの役割なのではないかとも考え
今回の企画を着想しました。
 
カフェという場に興味のある方
都市社会学/サードプレイスに興味がある方
まちづくり/パブリックライフ学に興味がある方
なんとなくピンと来た方
ぜひ、お越しいただけたらと思います。
 
-------- 
< プログラム>
1.ごあいさつ
2,飯田さんより発表(50分)
3.クルミド出版発行人・影山から飯田さんへ質問(30分)
4.質疑応答(30分)
 

日時:2018年1月28日(日)9:00~11:00
※この日は11:30〜の営業となります
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:2,000円(ワンドリンク込み)
定員:30名
お申込み:info@kurumido2017.jp/042-401-0433
店頭でも受け付けております。
定員に達し次第、受付終了となりますので
よろしければ、お早めに。
 
■ゲスト:飯田美樹(Miki Iida)
 
カフェ文化研究家、東京大学情報学環特任助教。
専門は20世紀前半のパリのカフェ文化。
高校時代からエコ・リーグという環境NGOに関わり、
数々の宿泊型イベントに参加、企画。
その体験から人生が変わる場、社会変革の発端となりうる場
について興味を抱く。学生時代にフランスに留学し、
パリのカフェに足繁く通っていた頃、
カフェが社会変革の場であったと知り、研究を開始。
著書『caféか ら時代は創られる』(いなほ書房)では、
「天才達がカフェに集ったのではなく、
カフェに通うことで天才になっていったのでは」という視点で、
カフェとい う場のポテンシャルについて考察。
出版後各地でカフェという場の力について講演。
現在はパリのビストロ、カフェ文化を紹介するサイト”Paris-Bistro.com”日本版代表として記事の執筆、翻訳等を行っている。
ワインエキスパート。フラン ス語講師。フランス語通訳ガイド。
 
Paris-Bistro.com

Paris-Bistro.com 日本版


 
個人のホームページ
https://comptoir-miki.jimdo.com/

今回は胡桃堂書店について少し紹介を。

こんにちは、スタッフの柿木(かきぎ)です。
 
一度ご来店いただいた方はすでにご存知かとも思いますが、胡桃堂の店内、実に1000冊分の書棚を備えています。新刊・古本、地域の方に出品いただいたもの・スタッフのセレクトしたもの、様々に、各テーマ別に並んでおります。(テーマは少しずつ、変わっていたりします。)
 
すべての本、お買い求めいただけますし、喫茶利用の方はお席にお持込みいただくこともできます。
 

 

 
私自身はそこまでたくさん本を読んできた方ではないのですが、このごろ気になっているのは松村圭一郎氏の『うしろめたさの人類学』(ミシマ社 2017)
 

 
とても簡単に言ってしまうと、主に著者のエチオピアでのフィールドワーク経験から、現代社会のあり様を再考してみようという内容です。
 
「商品」と「贈りもの」を違いたらしめているものって、何なのでしょう。
店主・影山の『ゆっくり、いそげ』(大和書房 2015) に共感された方は、きっとお好きなテーマだと思います。
 

 
この他にも素敵な本、たくさん揃えておりますので、是非胡桃堂でお気に入りの一冊を探してみてください。
 

 
本に関するイベントも多く開催しています。
詳細はまた後日にご案内しますね。
 
(かき

【いろどり鮮やか「新春定食」】


 
みなさま、こんにちは!スタッフの藤巻です。
新年が明け、胡桃堂喫茶店では新しいメニューが登場しています。
お食事は、「新春定食」。
 
新しい年の始まりをお祝いする気持ちを、
色鮮やかな食材を使って表現しました!
 
ほうれん草の和風ポタージュは、目が覚めるように明るい「緑」。
ほうれん草、玉ねぎ、じゃがいもを皮ごとじっくり蒸らして、野菜の甘味をたっぷり引き出しました。
上にはクルトンに見立てた油揚げをのせています。
 
海老と鶏肉のロール白菜は、優しい「黄色」。
海老と鶏肉のうまみが、昆布出汁ベースのスープにたっぷり染み出ています。柔らかく煮た白菜と、ぷりっとした海老が食感にも楽しいです。
 
梅干しごはんと香の物は、パキッとした「赤」と「白」。
梅干しを一緒にごはんに炊き込んでいるので、梅の香りが口いっぱいに広がります。
 
ごはんのてっぺんにのせたのは、梅おかか。
これだけでも箸が進みます!香の物は赤かぶや赤大根などの季節野菜を、さっぱりとした甘酢漬けにしています。
 
年末年始で食べすぎたり飲みすぎたりした方も、安心して(?)食べられるお食事です!冬野菜の魅力をたっぷり味わいにお越しください♪
 
(ふじ)
 
※「新春定食」は、1月31日までの提供となります。

【胡桃堂の朝モヤと夜会 1月の日程】


 
おはようございます!
スタッフの坂本です。
 
2018年の初回の朝モヤ・夜会の初回のご案内です。
今年は、どんな会になっていくでしょうか?
どんな出逢いがうまれるのでしょうか。
そこからどんなドラマがうまれるのでしょうか。
そんなことを楽しみにしながら続けていきたいと思います。
 
 

○胡桃堂の朝モヤ

 
1月13日(土)進行役:坂本
1月20日(土)進行役:影山
 
9:00~11:00
参加費 500円(ドリンク付き)
申込不要です。開始の時間前にお越しください。
 
朝モヤとは?
https://ameblo.jp/kurumed/entry-12334151822.html
 
こちらクルミドコーヒーのブログです!
クルミドの朝モヤの日程も記載ありますので、
ご興味ある方はよろしければご覧ください。
 
 

●胡桃堂の夜会

 
1月15日(月)
1月29日(月)
 
案内役はともに、坂本です。
2017年の7月から始めて次で10回目になります。
 
19:30~21:30
参加費 500円(ドリンク付き)
夜食 650円(ご希望の方のみ)
※20時前までにご注文ください。
申込不要です。開始の時間前にお越しください。
 
1月の夜食は、
『梅干ごはんとほうれん草の和風ポタージュ』
の組み合わせです。
 
予定不調和な会ということで、
参加者のみなさんと一緒に創っていこうと
やってきております。
 
どんな感じになっていくのかは
自分でもよくわかっていません。
 
毎回大体10名前後の方が参加してくださっています。
目的もなく集まれる場所ってあったらいいような
感じがしています。
 
2018年は、参加者のみなさんがよりより
主役になって何か夜会でやれたらいいなぁと
個人的には思っています○
 
アイデアは色々とすごくたまってきてはいるので
(できるかどうかは別として)
少しずつやっていけたらなと思っています。
 
なにはともあれ、いい時間になってくれたらいいなという
思いで続けていきたいと思います!
 
15日(月)の回は、
新年1回目なので、去年の振り返りや
今年の意気込みなどみんなで話しつつ
 
「2018年夜会どうする?会議」
的なものができたらいいなとは勝手にイメージしています。
 
それでは、朝モヤ・夜会でお逢いしましょう!
お待ちしております○
 
(さか
 
P.S.
写真は、お客さんから頂いたものです。
苗字に犬が入っている方から戌年にとワンちゃんの
置物を頂いたので縁起が良さそうです○

店長がくるみで創ったワンちゃんもかわいいですよ~
お店のレジ横にいるので是非ナデナデしてあげてください。

●○Igo Cafe にわ大サロン@胡桃堂喫茶店 #4●○


 
あけましておめでとうございます!
スタッフの坂本です。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年も面白い1年になりそうです。
 
個人的に怒涛の年末年始を過ごしておりました。
それはさておき、実家の大掃除をしていたら
押入れの奥から父親の囲碁セットが出てきました。
 
僕は、9路盤(小さい盤)で3回しかやったことないのですが、
父といきなり19路盤(正規の盤)で対局しました。
 
9目のハンデをもらってやったのですが、、
全く歯が立ちませんでした。。汗
 
父は、アマチュアで5段くらいの実力があるようで
高校生の時には囲碁を始めていたといいますし、
狂ったように20代から30歳にかけて大会などに出たりしていてやっていたようです。
 
何が面白いのかまったくわからなかった囲碁に僕が興味を惹かれるのも血でしょうか。シンプルだけど、とても奥が深いです。俯瞰してみる能力や、他にも様々自然と右脳と左脳をバランスよく鍛えられるものだそうです。
 
織田信長も、本能寺の変の前夜に囲碁を打っていたようです。
何を想い巡らせて考えていたのでしょうね。
 
以下、東京にしがわ大学の73歳にしてとてもパワフルな軽部さんの言葉を引用させていただきます。
 
--------------------------------------------------
 
囲碁がゲームとして面白いのはもちろんですが、正しい打ち方を継続して学びながら日々楽しむうちに、様々な力が自ずと備わってきます。
 
囲碁の効用は、記憶力、集中力、大局観、忍耐力、バランス感覚、瞬発力、決断力、礼儀作法などが身に付き、あらゆる場面や状況で役に立つことばかりです。
 
そのためには、よき指導者の下で正しい打ち方を学び、あらゆる世代のよき仲間と、囲碁の楽しさを堪能できる環境が必要です。
 
Igo Cafe にわ大サロンは、広く市民の方々と囲碁を楽しみ、人と人をつなぐ新しいコミュニティを創造してまいります。
 
平成30年も皆さまにとって良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。
 
【平成30年1月開催予定】
 
1月13日(土)19時30分~21時30分
胡桃堂喫茶店(国分寺)にて開催いたします。
 
東京にしがわ大学以外の方、そして初心者大歓迎です。
 
参加ご希望の方は
東京にしがわ大学運営委員 
軽部孝夫
までお申し込み下さい。
 
連絡先:t-karube189@wine.plala.or.jp
 
090-2413-3324
 
参加費:1,000円
 
皆さまのご参加を心よりお待ちしています。
 
--------------------------------------------------
 
お申込は、軽部さんに
直接メールかお電話にてお願いいたします!
 
今年も囲碁、月に1回コツコツやっていこうと思います。
ご興味ある方はお気軽にどうぞ!
 
(さか

2018年 新年のご挨拶

1月6日(土)より
 
胡桃堂喫茶店2018年の営業を開始いたしております。
まだまだ至らないことだらけではありますが、前を向いて一歩ずつ進んでいきたいと思います。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
(吉間)

胡桃堂書店の読書会 第四回  日本の美を読む 〜夏目漱石『草枕』〜

みなさま、こんにちは。
スタッフの今田です。
 
月に一度
読書会を開催しています。
 
偶数月は店主・影山が
奇数月は書店担当・今田が
進行役を務めます。
 
それぞれ、ひとまず6回を
ひと単位としてテーマを設定することにしました。
  
影山は「ミヒャエル・エンデを読む」。
今田は「日本の美を読む」。
 
1月10日(水)の第四回では
夏目漱石の『草枕』
を読みたいと思います。
  
 

日時:2017年11月15日(水)19:30~21:30
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:1,000円(ワンドリンク込み)
進行役:今田
定員 :15名
お申込み:info[@]kurumido2017.jp
     042-401-0433(10時~21時)


夏目漱石というと
改めて言うまでもなく
その名を知らない人はいない著名な作家です。
 
作品を読んだことがある
という方も多いと思うのですが、
どんな話か思い出そうとすると
意外と思い出せない
ということもあるような気がします。
  
今回読む『草枕』は
漱石作品の中でも
物語の展開があるようなないような感じですので
あまり印象に残っていないかもしれません。
(冒頭"山道を登りながら、こう考えた。
 知に働けば角が立つ。情に棹させば流される……"
 という部分を思い出される方は多いかもしれませんね)
    
ただ、改めて読み返すと
風景の描写、漢詩の引用
主人公の画工の思索、登場人物の会話ひとつひとつに
漱石が考えていた「芸術とは何か」「美しいとは」
といったものが、透けて見えるような感覚があり、
ただならぬ奥行きを感じました。
 
また、二十世紀の初頭
和、漢、洋の素養と視点を持ち合わせていた人物は
漱石の他に存在しないかもしれません。
 
そんな夏目漱石の『草枕』を  
今回の読書会のテーマである
「日本の美を読む」に照らし合わせて
ぜひ、みんなで読んでみたいなと。
  
明治生まれの作家大岡昇平が
「私の世代でも注解がないと読めません」
と書いているように
現代の我々が読むのは非常に難解ではあります。

ただ、漱石自身も
どこから読んでもいいと言っていますから、
全編読めてなくても
全部解る必要もありませんので
ぜひ、「あなたの気になる一節」を
持ち寄っていただけたらと思います!
 
  
-------
第一回 10/13(金) エンデ『モモ』
第二回 11/15(水) 岡倉覚三『茶の本』
第三回 12/15(金) エンデ『はてしない物語』
第四回 1/10(水)  夏目漱石『草枕』
第五回 2月     エンデ・河邑『エンデの遺言』
第六回 3月     未定

「ありがとう」のおすそ分け! 【くるみ祭り】あと6日です。


  
こんばんは!
スタッフの坂本です。
 
12月8日(金)の くるみ祭り、
初日の夜のパフォーマンスナイトShowはありがたいことに満席で51名の方のたくさんの笑顔に包まれました。
子どもたちのまっすぐで純粋な反応にとても感動しました!
改めて、ありがとうございました!
 
お店のプロフ写真と、カバー写真が先ほどより変わっております。ええ、そうなんです。残り6日なんです、くるみ祭り。
 
何が祭りなのか?
あまり伝わっていないかもしれませんので、
定食と、お菓子と、くるみ餅
に使っているくるみの違いなんかの切り口から
少しお話させてください。
 
くるみは全部、殻から自分たちの手で割っています。
多分今1番くるみを国分寺で割っているのは
間違いなく僕なんじゃないのかなと思います。笑
 
手に豆ができて、つぶれて。。
くるみを割る音も
ある種BGMにさえなっているとも思います。
 
●くるみ定食

・くるみご飯
・ゆで塩豚のくるみ味噌添え
・人参のくるみ甘酢和え
・白菜と豆腐の豆乳スープ
 
この定食のすべてのメニューに、くるみを使っています。
1つ1つのメニューを単品でも味をしっかり楽しめるようになっていると思います。
 
2017年に収穫した、長野県の東御市の信濃くるみです。
くるみご飯って食べたことありますか?
想像以上に美味しくて、個人的にも感動しています。
豚肉とくるみの味噌も相性がとても良いです!
 
●くるみのお菓子

りんごとくるみのケーキや、胡桃堂ナッツタルトを改良してできた豪華版の信濃くるみのタルト。
こちらは東御市のくるみ博士、矢嶋先生のくるみです。
とても大きくて立派なくるみで、殻も割りやすく中身も取り出しやすいです。
数に限りはありますが、
ケーキはホールでお持ち帰りいただけます!
 
●くるみ餅

こちらのもちのタレやクラッシュくるみは、
北海道の美唄のものです。渋皮を剥いて使っています。
この渋皮剥き、3人で3時間やっても30人分しか作れません。
時間と手間がかなりかかります。
過去3回提供したことのある、このくるみ餅。
今回は4回目になるわけですが、3回目は6年前。
マメヒコで2日、クルミドコーヒーで3日、計5日しかやっていないのです。それは、それだけの時間と手間がかかるからこそ。
 
長い期間をやるということは、
正直それだけスタッフ、お店にかかる負荷も大きいのです。
それを、今回18日間やります。
これはもうお祭り騒ぎにしてやらないと乗り切れないんじゃないか!?笑
という半ば開き直りに近い心の声もあるわけですが、
 
実際はそうではなく、お客さんや僕らを応援してくださっている方々、お世話になった方々に感謝の気持ちとして
この収穫の喜びを、僕らなりの形で、おすそ分けしたいという気持ちからこのお祭りをやっています。
 
渋皮剥きの呼びかけをして手伝ってくださった、手伝ってくださっているみなさま。
本当にありがとうございます。少しの時間でも「くるみ割るよ!」って言って手伝ってくださった
みなさんの力なしには、続けてこれていなかったと思います。
 
そして、店主自らすり鉢でくるみをすってタレを作っています。鬼気迫るものを感じ、誰も手伝わせてもらえない空気感をおびてやっています。
 
実際、店主以外はこのすり鉢でくるみをする作業はしていないのです。やりきるといった背中にも、スタッフとして感謝の念がわいてきます。
 
そんなエネルギーの塊をぜひ食べてみてもらいたいです。
くるみはナッツ類の中でもオメガ3の油がたくさん入ったスーパーフードでもあります。
くるみの種を蒔いて、実が成って収穫できるまで10年かかります。
 
みんなの頑張りや、姿を見ているからでしょうか。
是非、食べて欲しいという気持ちに自然となります。
だって、くるみを収穫したり、取りに行ったり
割って、渋皮剥いて、調理して
多くの人の顔の見える関係の中で、バトンをつないで
このメニューたちは生かされているのだから。 
 
少しでも多くの人におすそ分けできますように! 

12月27日(水)までです。
お待ちしております◎
 
 
(さか
 
P.S.
なかなか食べることのできない
「生くるみ」も限定数用意しています。
まろやかで、繊細な自然の味がします。
こちらも、この機会に是非食べてみてください!

【 いいとこどり 】

こんばんは。かげやまです。
  
先週金曜からご提供を開始している「くるみ餅」
実はこれ 
いくつかの「くるみ餅」「くるみおはぎ」を
食べ歩いた結果の
いいとこどりなんです。
 

まずは上田・前山寺。
http://ow.ly/Zy8P30hdStz
 

お寺なのにおはぎ?と

思われるかもしれませんが
鬼ぐるみからつくった
くるみだれが絶品です。
(冬季はお休みです)
 

続いて東御・海野宿の福嶋屋。
http://www01.siela-art.net/fukujimaya/

 
「くるみ醤油ダレ」と
「くるみ大根おろし」。
 
自分のくるみだれは
この福嶋屋さんの醤油ダレと
前山寺のタレ
組み合わせてつくりました。
(つもり)
 
一方、大根おろしのくるみおはぎも
こちらもこちらで
とっても美味しいんです。
いつかこちらにも
挑戦してみたいなと思っています。
 

最後は軽井沢・柏倉製菓。
http://ow.ly/aDfA30hdSU8
(食べログのページですみません…)
 
クラッシュしたくるみが
まぶしてあって
歯ごたえも楽しいです。
 
関西方面では
「くるんであるから」ということで
胡桃を使っていない「くるみ餅」も
ありますが
胡桃を使ったものとなると
やはり信州が多いんでしょうかね。
 
そして自分自身の探求
これからも続けていこうと
思っています。
 
ですので

「ここのくるみ餅/おはぎ
 おいしかったよ!」

という情報ありましたら
お教えいただけませんか?
飛んで行きます!
(ほんとか?)
 
改めて
おいしいお餅/おはぎを
食べさせてくださった3つのお店に
ビッグ・リスペクト〇
 
みなさまも
近くにお立ち寄りの際は
ぜひお訪ねになってみてください!

【くるみ尽くしの「くるみ定食」】


 
こんばんは!スタッフの藤巻です。
 
先週金曜日から始まってます、くるみ祭り。
定食ももちろん、くるみをたっぷり使ったものになっています。
 
ご飯はくるみを一緒に炊き込んだ、「くるみご飯」。
味付けは醤油と酒のみでシンプルですが、あとを引く味です!
 
おかずは「ゆで塩豚のくるみ味噌添え」。
一晩じっくり塩漬けにした豚肉をしっとりとゆであげ、あまじょっぱいくるみ味噌をつけてお出ししてます。
 
箸休めにご用意したのは、「人参のくるみ和え」。
はちみつの甘味と酢のさっぱりとした味付けが、くるみと意外にもよく合います!
 
汁物は、「白菜と豆腐の豆乳スープ」。
国分寺の星野豆腐店さんの豆乳と豆腐を使用してます。
白味噌とくるみペーストを混ぜてスープに入れているので、くるみの色がとけ、ほんのりピンク色です。
 
どれを食べてもくるみが入ってる定食、他ではなかなか食べられないと思います!
くるみひとつで、こんなにたくさんの食べ方ができるのかと、自分でも驚きました。
シナノグルミならではの、風味豊かな味わいを、たっぷり楽しんでいただきたいです!
「くるみ定食」は今年いっぱいの提供となります。
ぜひお店に食べにいらしてください♪
 
(ふじ)

皆さんをお待ちしている

10:00-19:00

    

水曜日は19:00-22:00 書店のみ営業

木曜定休

contact us

EMAIL