胡桃堂喫茶店

特集・睦月篇[令和五年]思い出のケーキ

思い出のケーキ

魂という名の野生動物

マジョラルとエルサマリアのみせには
くろひげの おおきなおとこと
ながいかみのけの しろいおんながいる

くろひげの おおきなおとこは
いつも みせのそと

ながいかみのけの しろいおんなは
いつも みせのなか

くろひげの おおきなおとこが おしえてくれる

いちばん ちいさい いすに すわると
ケーキが ゆっくり でてくるよ

ながいかみのけの しろいおんなも おしえてくれる

もりへ いってごらん
ともだちが たくさんいるよ

みなとへ いってごらん
みんなが まっているよ

きょうかいへ いってごらん
ケーキが でてくるよ いそげ

もりで あなをほって
みなとで にもつを もらって 
きょうかいに いく

くろひげの おおきなおとこと
ながいかみのけの しろいおんなの こえがした
あかりがきえた
よるのきょうかいから きこえる
かおは みえない
でも そこにいる
たくさん こえがする

きょうのよるも 
もりで あなをほって
みなとで にもつを もらって
きょうかいに いく

もう ひとりじゃない 
あさも さむくない
あめがふっても あったかい

マジョラルとエルサマリアのみせには
くろひげの おおきなおとこと
ながいかみのけの しろいおんながいる

もう ひとりじゃない
よるも さむくない
かぜがふいても あったかい

あさもよるも ケーキがでてくる
つぎのひも そのつぎのひも
きょうから そのケーキを じぶんでつくる
よるのきょうかいで

魂という名の野生動物

いま、大切にしている言葉があります。「問題に気づきながら何もしないのであれば、私は、その問題の一部になる。でも、何かをするのであれば、私は解決の一部になる」です。私は後者になると決め、個人の活動をはじめました。どんな活動かというと、マイノリティの情報発信をサポートする活動です。ずっと気になっていたこの特集企画への投稿も、私にとって、その活動の一環になります。

「ない」「足りない」という世界観だった私に、クルミドコーヒーは「すでにある」ことを教えてくれました。探していたものは、もうあった。そのときの体験を童話風にアレンジにしたのが、思い出のケーキという作品です。

特集・睦月篇(一月)[令和五年] 記事一覧