ケの日

ケの日にはしみじみとした味わいがあります。

生活感とはまた違うところでの、自分自身に帰っていく感覚。

自分自身の律動と向き合う時間。

そこには派手な飾りや豪勢な食事は必要なく、

素朴ながらも丁寧で行き届いた仕事があればいいですね。

放っておいても浮き沈みの激しいぼくらの日々。

ここに来れば、変わらない時間が流れていることの安心感を

味わってもらえたらと思います。

喫茶店

ぼくらが普段食べたいごはんやお菓子ってどんなのでしょう。

濃い味付けの食事や、砂糖いっぱいのデザートもときにはいいですけど、

毎日がそれでは体が悲鳴をあげますね。

ぼくらにはぼくらに合った、日常食の文化があったはず。

派手さはないかもしれないけれど、それらを丁寧に。

味覚だって取り戻せるかもしれません。

ケのおやつ

お菓子やおやつ、甘いものは、気持ちもほっとさせてくれますね。

季節のくだものや、木の実、素朴な焼き菓子。

季節ごとのおもちもありますね。

あんこも美味しいですが、砂糖はあんまりいれず。

普段食べるお菓子に欲しいものは、やさしさなのではないかと思います。

お雑用ごはん

お漬物を漬けたり、お味噌をつくったり、梅干しや、干物や、納豆や。

季節を越える保存食の知恵。

これに主食があってお椀がつけば、立派な一つのお膳になりますね。

いやいやそれでは物足りないという方には、

季節の食材をつかった主菜をつけましょうか。

メニューの数は限られますが、丁寧な人の仕事を感じられる素朴なメニュー、ご用意しています。

皆さんをお待ちしている

10:00-19:00

    

水曜日は19:00-22:00 書店のみ営業

木曜定休

contact us

EMAIL