ハレの日

ハレの日には華やかなよろこびがあります。

ハレとは、折り目・節目。

この日こそ少し着飾って、少しいい器、少し贅沢な食事で、季節の到来、

自然の恵み、人生の節目を祝い合いましょう。

そのよろこびを分かち合える仲間があることにもまた感謝しながら。

そしてその日に向けて、ケからハレへと少しずつ整え、

気持ちを高めていく一日一日も祝いの大事な一部。

喫茶店

ハレのごはん

12月31日と1月1日の間には何の差があるのでしょうか。

そこにあるものは、そこで一区切りをつけようとする

昔の人の意志なのでしょう。

それで昨日までの悩みや困難が解消されるわけではありません。

それでも、それらを引きずりながらも、一区切り。

今、ここにあること、そのことを共によろこび合える仲間があることの

幸せや、自然のめぐり、恵みへの感謝を抱きつつ。

さあ、ともに祝いましょう。

ハレのおやつ

特別な日の特別なお菓子には何がいいだろう。

どこかから借りてきたようなものではなく、

ここでしか食べられないものであるといいですね。

人類で初めて大福餅にいちごを入れた人が確かにどこかにいたように、

メロンのかけらも入っていないのにメロンパンと呼んでしまった人が

いるように、ここでしか食べられない特別なお菓子で、

特別な日を祝いましょう。

皆さんをお待ちしている

8:00-19:00

木曜定休

contact us

EMAIL