胡桃堂喫茶店

胡桃堂の上映会『典座 -TENZO-』&トークセッション(11/22・日)

どうも、こんにちは。
胡桃堂喫茶店の鈴木です。

仏教をテーマにした映画『典座 -TENZO-』の上映会と
主演で山梨県都留市にある耕雲院副住職の
河口智賢さんをお招きして
トークセッションを開催いたします。


日時:2020年11月22日(日)19:30~21:30
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:2,000円(ワンドリンク込・事前申込み制)
上映映画:『典座 -TENZO-』2019年/62分
ゲスト:河口智賢さん(『典座 -TENZO-』主演、耕雲院副住職)
進行役:鈴木弘樹(胡桃堂喫茶店)
お申込み:クルミド百貨店より↓
https://festina-lente.stores.jp/.../5fa26d12f0b1081afee2cf77
🎥
今回上映する映画は
『典座 -TENZO-』(2019年/監督:富田克也)
3.11後の現代日本における仏教の意義とは何かを
ドキュメンタリーとフィクションを交えて表現した仏教映画です。
予告編はこちら
https://youtu.be/cZxI4trMCBQ
国際的な評価も高く
カンヌ国際映画祭 批評家週間特別招待作品
としてフランス・カンヌでの上映もされている映画です。
監督は『サウダーヂ』『バンコクナイツ』の
富田克也監督。
いい意味で宗教映画っぽくない演出もあり
お坊さんたちの葛藤を等身大に描いています。

今回は
「まちにおけるカフェとお寺の役割とは?」として
『典座』主演で、耕雲院副住職の
河口智賢さんをお呼びして
トークセッションも開催します。

これは僕の感覚なのですが、
カフェとお寺が地域の中で担っている役割が
近しいのかもしれない、
そう思う時があります。

お寺は今でこそ葬儀でのイメージが強くなっていますが、
かつては葬祭や布教の場であるだけでなく、
寺子屋に代表するように教育
そして福祉、文化の拠点として
地域の中で役割を担っていました。

カフェはカフェで
学びの場でもありながら、
文化がつくられてきた場所で、
ときには社会の避難所として
社会の逸脱者たちを受け止めてきました。

河口さんは山梨県都留市の耕雲院にて
現代におけるお寺の役割を模索しながら
地域食堂やマルシェ、お墓で花火など
地域の拠点としてとの活動もされています。

今回はお寺とカフェとの比較もしながら
仏教や信仰というよりは、
お寺という<場>が持つ力と、
現代社会での可能性について
河口さんのお話を聞きながら
カフェとの比較も挟みつつ、
みなさんと一緒に考えられればと思っております。

<プログラム(予定)>
19:10~19:30 開場/受付
19:30~19:40 本イベントの趣旨
19:40~20:45 『典座 -TENZO-』上映
20:50~21:20 トークセッション
21:10~21:30 Q&A

【満員御礼】[11.15]胡桃堂喫茶店・朝の製本講座 〜 フランス装のノート 〜

皆さま、こんにちは。
胡桃堂喫茶店、スタッフの吉田です。
 
木々も少しずつ色づいて来ましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
 
胡桃堂の製本講座、11月は
フランス装のノート(A6サイズ)を作ります。
フランス装は、カバーを
本に沿って内側に折り返します。
 
表紙を開いた時に現れる独特な折り目
日本の折り紙に通ずるなあと思います。
 
ーーーーーーーー
 
「胡桃堂喫茶店・朝の製本講座 ノートの改装製本」
 
日時:2020年11月15日(日)9:00~11:00 / 開場 8:45~
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:3,200円(材料費込み)
定員:4名
 
ーーーーーーーー
 
講座の詳しい内容やお申込みは下記リンクをご覧くださいませ。
 
https://festina-lente.stores.jp/items/5f95449f9a06e52d7041c631
 
皆さまのご参加、お待ちしております。

[満員御礼] 朝の製本講座  〜 ノート改装製本 〜

 
皆さま、こんにちは。
胡桃堂喫茶店、スタッフの吉田です。
 
実りの秋がやって来ましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
 
今回の製本講座は、ノート(A6サイズ)を改装して
ハードカバーのノートに仕立てます。
 
最近美術館のミュージアムショップで
展覧会オリジナルのノートを見かけました。
中は一般的なノートではありましたが
その展覧会の目玉の絵画が表紙に使われており、とても素敵でした。
もし自分の好きなノートに自分の好きな表紙をつけられたら
毎日使うのが楽しくなりそうですね。
 
今回、講座の中では、こちらでご用意する表紙でお作りいただきますが
ご自宅でもう一度お試しいただけるよう
材料の一部(板紙、花布、スピン)をお持ち帰りいただく予定です。
ぜひご自宅で、お好きな表紙のノートを作ってみてください。
 
講師の古川先生からのご案内です。
 
-----
 
本文をつくり、別に仕立てた厚めの表紙でくるむ上製本。
表紙は中身よりひとまわり大きく作ってあり、固い表紙で中身を保護するようになっています。
 
今回は、ご自身のお好きなA6サイズのノートを本文に使用します。
背中がのりで固められているノートを1冊ご持参ください。
本の部位名、仕組みを学びながら、また家でも1冊つくれるように。
ゆっくり手を動かしましょう。
 
・つくる前に、いくつか材料を選んでいただきます。
・今回は、製本用の糊を使用します。
髪に糊がついてしまうと大変ですので、長い髪の方は結んだりまとめていただくと安心です。
 
-----

講師のご紹介
 
古川絵美子(ふるかわ・えみこ)
福井県出身。学生の頃から本に親しむ。
本づくり学校1期応用科修了生。本づくり学校認定講師。図書館員。
本をつくったり、なおしたり、買ったりしながら日々を過ごす。
週末にワークショップ、イベント出展などを行う。
 
創作の際には、昔からある本棚にそっと置かれていたような
ふと触れたくなるような、どこか懐かしく親しみやすいものづくりを心がけている。
 
→ 本づくり協会とは
https://www.honzukuri.org/
 
自分の手でつくる、さまざまな本のかたち。
本のことを想い、考え、つくってみませんか?
 
選ぶ。折る。重ねる。綴じる。切る。くるむ。考える……
ひとことで「本づくり」と言っても、
つくり方やできあがりはさまざま、一つではありません。
 
定員は 4 名さま。
丁寧に進めてまいります。
どうぞお気軽にご参加ください。
-----

「胡桃堂喫茶店・朝の製本講座 ノートの改装製本」
 
日時:2020年10月25日(日)9:00~10:30 / 開場 8:45~
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:3,200円(材料費込み)
定員:4名
 
当日お持ちいただくもの:A6サイズのノート。背中がのりで固められているものに限ります。

お申込みは、下記リンクよりお願いいたします。
 
https://festina-lente.stores.jp/items/5f7e9d8afbe5b53aab7c0bda

お申込みいただくにあたり
 
<今回の講座について>
・講師はマスクをします。
・道具は用意していますが、ご自身の道具を使用したい方はご持参ください。
(ハサミ、金尺、刷毛2本、乾いた布)
・道具は、事前に除菌しています。
・お席はお隣との空間を開けて着席していただきます。
 
<お申し込み方法について>
・お申込み時に、ご住所の入力や送料の表記などがございますが
特に何かをお送りすることはありません。ご了承くださいませ。
・お申込みは、こちらからチケット購入の形でお願いできたらと思いますが、
もし「やり方がよく分からない」等ありましたら、店頭でのお申込み/お支払いも、受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
info@kurumido2017.jp
 
みなさまのご参加、お待ちしております。
 

▼胡桃堂喫茶店・朝の製本講座 和綴じ製本 ~四つ目綴じ~

 
皆さま、こんにちは。
胡桃堂喫茶店、スタッフの吉田です。
 
まだまだ暑いと思いながらも
ツクツクホウシの鳴き声に夏の終わりを感じる今日この頃
いかがお過ごしでしょうか。
 
今回の製本講座は、人気の和綴じ本(四つ目綴じ)です。
和雑貨屋さんに入ると、いろいろな種類の和綴じノートを見かけますね。
最近では洋風な絵柄の表紙も増え、
和綴じ本の幅が広がりつつあるように思います。
中でも四つ目綴じは和綴じの代表的な製本方法で、
本に4つ穴をあけて綴じ糸を通していきます。
 
シンプルなデザインの中に、様々な工夫が光る和綴じ製本。
出来上がった作品を普段使いのノートにするのもいいですね!
 
講師の古川先生からのご案内です。
-----
今回の製本講座は、和綴じ製本(四つ目綴じ)です。
和綴じには、四つ目、亀甲、康熙など代表的な綴じ方があります。
表紙が糸でかがられた本やノートを、和雑貨のお店、古書店、ドラマや
舞台の時代劇など、どこかでご覧になられたことがあるかもしれません。
 
今回は四つ目綴じで1冊のノートをつくりまます。
材料、道具はご用意しますので、どうぞお気軽にお越しください。
出来上がる作品は、B6サイズ・本文は無地です。
 
・製本用の針を使用します。針に糸を通すため、眼鏡が必要な方はお忘れなく。
・穴をあけるために目打ちを使用します。ケガをしないように、手を動かしましょう。
-----
〇 
講師のご紹介
 
古川絵美子(ふるかわ・えみこ)
福井県出身。学生の頃から本に親しむ。
本づくり学校1期応用科修了生。本づくり学校認定講師。図書館員。
本をつくったり、なおしたり、買ったりしながら日々を過ごす。
週末にワークショップ、イベント出展などを行う。
 
創作の際には、昔からある本棚にそっと置かれていたような
ふと触れたくなるような、どこか懐かしく親しみやすいものづくりを心がけている。
 
→ 本づくり協会とは
https://www.honzukuri.org/
 
自分の手でつくる、さまざまな本のかたち。
本のことを想い、考え、つくってみませんか?
 
選ぶ。折る。重ねる。綴じる。切る。くるむ。考える……
ひとことで「本づくり」と言っても、
つくり方やできあがりはさまざま、一つではありません。
 
定員は 4 名さま。
丁寧に進めてまいります。
どうぞお気軽にご参加ください。
-----

「胡桃堂喫茶店・朝の製本講座 和綴じ製本 ~四つ目綴じ~」
 
日時:2020年9月21日(月)9:00~10:30 / 開場 8:45~
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:3,200円(材料費込み)
定員:4名
 
下記リンクよりお申し込みください。
https://festina-lente.stores.jp/items/5f531e348b9c623e0226a84c
-----

お申込みいただくにあたり
 
<今回の講座について>
・講師はマスクをします。
・道具は用意していますが、ご自身の道具を使用したい方はご持参ください。(ハサミ、金尺、刷毛2本、乾いた布)
・道具は、事前に除菌しています。
・お席はお隣との空間を開けて着席していただきます。
 
<お申し込み方法について>
・お申込み時に、ご住所の入力や送料の表記などがございますが
特に何かをお送りすることはありません。ご了承くださいませ。
・お申込みは、こちらからチケット購入の形でお願いできたらと思いますが、もし「やり方がよく分からない」等ありましたら、店頭でのお申込み/お支払いも、受け付けております。
 
お気軽にご連絡ください。
info@kurumido2017.jp
 
みなさまのお越し、お待ちしております。

新しいアイス珈琲、つくってみました。

どうもこんにちは。
スタッフの鈴木です。

2年ほど前からはじめたメニュー
「季節の珈琲」

定番の珈琲のほかに、
その季節に合わせた珈琲を選んできました。

今年に入ってからは、
豆や焙煎から選んでの
ブレンドづくりから挑戦しています。

一緒につくってくださっているのが、
クルミドコーヒーのスタッフで
自らの屋号「TakaiTOCoffee」でも活動される、
高井智之さん。

スペシャリティコーヒーと呼ばれる
高品質のコーヒー豆を、
手回しの焙煎機を使って、
少しづつ、丁寧に焙煎されています。



高井さんのコーヒーはその人柄のように、
あたたかみを感じさせてくれます。

自分たちでブレンドできるようになったことで、
コーヒーで表現できる幅が
ぐっと広がりました。


そんな高井さんと今年の夏、
新たなアイス珈琲をつくってみました。
その名も「森のブレンド 2020」

今年の夏は
さわかやかで、でも落ち着きのある
森で飲むような、
いや、森そのもののような
そんなコーヒーを飲みたいと思っていました。

お店の営業終了後、
高井さんとふたりで

「これはジャングルっぽいですね。熱帯の」
「こっちは屋久杉っぽいです。ひときわ大きな木がある森ですね」

さまざまな組み合わせで豆をブレンドし
なんども試飲を重ねて完成したのが、
今の一杯。


ブラジル イルマス・ペレイラ農園と、
コロンビア ロス・ノガレス農園から届いた豆を
ブレンドしています。

ブレンドはとても面白いです。
単純な味の足し算だけではなく、
化学反応のように、
掛け算によってより個性的な味や香りが
でてきたりします。



今回の珈琲は
土の香り漂う朗らかな森で
小川のそばで珈琲のんでいるように
僕は感じました。

この珈琲は一杯づつ
ハンドドリップでお淹れしています。
9月23日(水)までご提供予定です。
もしよろしければ、ぜひ。
そろそろ秋が、近いですね。

[7/12]胡桃堂喫茶店・朝の製本講座


 
「ハードカバーのノート(A7サイズ)~お好きな表紙編~」
 
こんにちは。
胡桃堂喫茶店・スタッフの吉田です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
 
コロナ禍の中で、胡桃堂を支えてくださった皆さま
思い出してくださった皆さま
本当にありがとうございます。
 
緊急事態宣言が解除になり、日常のありがたさを
身に染みて感じています。
 
最近では、皆さまから外出自粛期間に
お家でチャレンジした手づくりの作品について
お話を聞く機会も増え
そろそろ胡桃堂でも
何かやりたいなあと思った時に
真っ先に浮かんだのが「製本講座」でした。
 
しばらくお休みしておりましたが
7月より、再開したいと思います。
今回はハードカバーの小さなノート(A7サイズ)を作ります。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
「ハードカバーの小さなノート~お好きな表紙編~」
 
日時:2020年7月12日(日)9:00~10:30 / 開場 8:45~
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:3,200円(材料費込み)
定員:6名
当日の持ち物:A5サイズ(148mm×210mm)の表紙用の紙、1〜2枚。
※透け感のある紙、薄い紙、レースのような紙、折るのが難しいくらい厚い紙などはお避け下さい。
 
詳細・お申し込みは、下記リンクをご参照ください。
 
https://festina-lente.stores.jp/items/5ef0ab7b1829cd4cc621c0cc
 
こちらのブログでは、直前のご案内になり申し訳ありません。
皆さまのご参加、お待ちしております。

【お食事のご提供時間について】

お食事のご提供時間についてご案内させていただきます。

 

【昼】11:00~14:00(L.O.)
【夜】17:00~18:30(L.O.)

 

何卒、ご了承いただけましたら幸いです。
なお、間の時間はお茶やお菓子のご注文は続けて承っております。

 

ただ今、胡桃堂のお食事メニューは
「くるみカレー」に加えて
季節のお食事として「冷や汁定食」もご用意しております。
(季節のお食事、少しお休みいただいていましたが復活いたしました!)
いりことくるみをたっぷり使用しているので、
さらさらとしていますが、濃厚で滋味深い冷や汁です。

 

気分に合わせて、お好きなお食事をお選びください。
ご来店お待ちしております。

クルミド百貨店通信(仮) 7月号

こんにちは。
クルミド百貨店スタッフのいくもとです。
はじめましての方もいると思いますが、
普段は国分寺の胡桃堂喫茶店で働くかたわら
クルミド百貨店にも携わっております。

 

先月からはじまった
「クルミド百貨店通信(仮)」、
今月号はいくもとよりお届けいたします!

 

-----------------------------------------
クルミド百貨店通信(仮)7月号
~「贈り物」、それは愛。~
-----------------------------------------

 

【今月の特集】
1. おくりものの中身はなんだろな?
2. 想いの真空パック
3. トントン、カンカン。クルミド百貨店、建設中

 

▽特集1
-----------------------------------------
おくりものの中身はなんだろな?
-----------------------------------------

 

先日新しく登場した商品がございます。
ちょっと変わった品なのです。
その名も「りすのおくりもの」。
そう、クルミド百貨店の
ロゴマークにもなっている
このりすくんからの贈り物です。
何が入っているかは開けてからのお楽しみ!

 

宝探ししている気分になるような
ぼくのたからもの」と、
知らないまちでぶらりとお散歩しながら
新しい出会いを楽しむような
ぼくの思い出」の、
2種類をご用意しました。

 

りすは好奇心の強い動物なんだそう。
そんな好奇心とか遊び心で、
ちょっとした新しいものとの出会いを
一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

▽特集2
-----------------------------------------
想いの真空パック
-----------------------------------------

 

先日は父の日でしたが、
「父の日のプレゼント用に購入します」
といってご利用くださる方が予想以上に多く
とても嬉しかったです。
過去には、父の日以外でも
「友人へのプレゼントです」といって
ご購入くださった方も。

 

誰かにとって大切な人へ
ありがとう、とか
おめでとう、とか
ちょっと特別な想いを込めて、
見える形として贈られるギフトに
クルミド百貨店の商品を選んでいただけて
とっても嬉しかったです。

 

大切な人のことを考えながら
百貨店を眺めてくれたのかなあ、とか、
相手のところにその商品が届く時のこと
どんな風に想像したのかなあ、とか、
この商品が届いた後、お二人の間に
どんな会話があるのかなあ、とか、
勝手に妄想して
ほくほく嬉しくなりました。

 

ご指定いただけば
ご購入者とは別の住所に送れることや、
ご購入者からのプレゼントである旨を伝える
スタッフの手書きメッセージカードを
同梱していることは
これまでも行ってきましたが、
たとえば、
珈琲豆は豆でも粉でもドリップバッグでも
相手の環境にあわせて選べるように整えることや、
誰かと分け合って食べられるようなお菓子の開発など、
「贈り物」として選んでもらえるような工夫を
していきたいなと思っています。

 

もしよければ、大切な人への贈り物に
クルミド百貨店の商品、
いかがでしょうか。

 

▽特集3
-----------------------------------------
トントン、カンカン。クルミド百貨店、建設中
-----------------------------------------

 

百貨店チームの有志で集まって
商品企画ミーティングをしていたある夜のこと。
ひょんな会話のきっかけから
「こんなことができたら面白そうだよね」
「あんなものがあったら楽しいよね」
と大いに話が膨らみました。

 

それまで少し行き詰まりを感じていたのですが
この夜に気がついたことがありました。

 

それは、これまで
「どうしたら買ってもらえるか」
「どんな商品ができそうか」
と考えがちになっていたのですが、
やっぱり
「できることややるべきことより、やりたいこと」
が大切だということ。

 

その話ができた時のメンバーの
エネルギーの総量が増えたような、
形がばらばらでも、向かっている方向は
重なった気がしました。
(そうして生まれた商品の一つが
りすのおくりもの」です!)

 

こんな風に
商品企画から梱包・発送まで
全て手探りで進めている日々。
まだまだ出来ていないことや、
上手くいかなかったこともたくさんあって、
その一つが、先月号のクルミド百貨店でもご紹介した
「くるみアイス」です。

 

実現に向けて準備を重ねていたのですが
販売直前になって大きな壁に…。
結果として、
みなさまに謝らなくてはいけないのですが
「くるみアイス」の冷凍便、
実現は難しそうです…。
楽しみにしてくださっていた方がいらっしゃったら
本当にごめんなさい…。

 

クルミドコーヒーの店頭では
現在も販売をしておりますが、
クルミド百貨店に並べることは
なかなかお店に足を運べない方にお届けできる
絶好の機会だと思っていたところ、
実現できずとても残念です…。
(この知見は次なる冷凍便の実現に向けて
活かしていきたいなと思います…!)

 

試行錯誤の毎日ですが、
一つひとつ手探りしながら手作りで
百貨店を建設していっております。

 

これからも
ちょっとわくわくするものに出会える場所になるよう、
楽しく、自分たちらしく
トントン、カンカン
作っていこうと思いますので、
もしよければ、どんな百貨店に育っていくか
一緒に見守っていただいたり、
時には一緒にトンカチを持って釘をうったり、
壁を塗ったり、
照明を変えてみたり…。
一緒に面白い場所を作っていけたら
とても嬉しいです。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

 

いくもと

[6.28]胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #20

 
【 胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #20 】
 
こんにちは。
ご無沙汰しております。
胡桃堂書店の吉田です。
急に夏がやって来たように感じる今日この頃、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
 
3月以降、開催を見合わせておりました
「朝のもちよりブックス」
久々に開催いたします!
 
■□
今回のゲストは、坂本里菜さんです。
今年3月から6月まで、インターンとして
クルミド&胡桃堂の活動を支えてくれた坂本さん。
スタッフで行った「もちよりブックス」の撮影にも
参加してくれました。
今回は、おすすめの本の紹介に加え
この激動の4ヶ月を振り返って感じたことなども
聞いてみたいと思います。
 
今回は、YouTubeでもご覧いただけるよう
初めてオンラインで配信いたします。
 
<概要>
===============
 
【 朝のもちよりブックス # 20 】

日時:2020年6月28日(日)9:00~10:15
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:胡桃堂店頭でのご参加は 500円 (ワンドリンクつき)
お申込み方法:
下記リンクの「参加」ボタンでお知らせいただくか
https://www.facebook.com/events/257610902134905/
 
胡桃堂までご連絡ください。
☎:042(401)0433
✉:info@kurumido2017.jp
 
*オンラインご希望は、下記リンクよりお申し込みください。
https://festina-lente.stores.jp/items/5ee83eab561e17712350b168
 
================
 
◾︎もちよりブックスとは?
 
月に2回、「朝」と「夜」に開催しております。
 
「朝の会」は主にゲストの方から
「夜の会」はご参加の皆さまから順番に
おすすめの本のご紹介をしていただいております。
 
この「もちよりブックス」
もともとは、胡桃堂の「ある本棚」に由来しています。
 
それは、皆さまに持ち寄っていただいた本から構成された本棚です。
小説もあれば、料理の本、経済書、写真集も。
ジャンルは、さまざま。
 
共通しているのは
「大切な本だけど、もし次に読みたい人がいるなら、おすすめして、読み継いでもらいたい」
という事。
 
もし、皆さまのお家にも、そのような本をお持ちでしたら、
胡桃堂に預けてみませんか?
 
ご縁があって、うまく次の方に届いた時は
お代の半分近くをお戻しいたします。
 
この本棚づくりに参加してみたいという方
いらっしゃいませんか?
 
ありがたいことに
これまで約80人ほどの方から本をお預かりし、
日々、本のご縁を繋いでおります。
 
◾︎本を出品していただくにあたり
 
本を出品していただくには
いくつか条件があります。
 
実際に出品するかどうかは
その話を聞いた上で、お決めいただけます。
 
出品そのものは考えていなくても
本が好き、とか
どんなことをやっているのか見てみたい
そういう方も是非。
手ぶらのご参加も大歓迎です!
 
皆さまのご参加
お待ちしております。

【営業時間変更のお知らせ(更新)】

新しい営業時間についてご案内させていただきます。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、
時間を短縮して営業しておりましたが、
6月5日(金)より
営業時間を下記のように変更します。

 

11:00~19:00(L.O.18:30)※木曜定休

 

定休日の木曜日以外は
全ての曜日で同じ営業時間となります。

 

短縮営業の時より
少しだけ営業時間が長くなります。
これまで来ていただいていた方も
これから来ていただける方も
お会いできますことを
心より楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

胡桃堂喫茶店 スタッフ一同

 

月・火・水・金・土・日:11:00-19:00(L.O. 18:30)

お食事のご提供時間は
11:00~14:00、17:00~18:30(L.O.)とさせていただきます

木:定休日

contact us