胡桃堂喫茶店

【営業時間変更のお知らせ(更新)】

新しい営業時間についてご案内させていただきます。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、
時間を短縮して営業しておりましたが、
6月5日(金)より
営業時間を下記のように変更します。

 

11:00~19:00(L.O.18:30)※木曜定休

 

定休日の木曜日以外は
全ての曜日で同じ営業時間となります。

 

短縮営業の時より
少しだけ営業時間が長くなります。
これまで来ていただいていた方も
これから来ていただける方も
お会いできますことを
心より楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

胡桃堂喫茶店 スタッフ一同

 

クルミド百貨店通信(仮)6月号

どうもこんにちは。かげやまです。

 

先日、ブログでもご紹介したように
オンラインストア「クルミド百貨店」が
オープンしました。
本当に多くの方にご来店いただいておりまして
ありがとうございますm(_ _)m

 

試しに、その季節季節の
クルミド百貨店をご紹介する
こんなもの、つくってみました。

 

------------------------------------
クルミド百貨店通信(仮)6月号
~百貨店の1階は何がいい?~
2020.5.15
------------------------------------

 

【今月の特集】
1. クルミド百貨店の1階はカフェ
2. モノの向こうに広がる世界
3. 冷凍便、はじめます

 

▽特集1
------------------------------------
クルミド百貨店の1階はカフェ
------------------------------------

クルミド百貨店の1階には
クルミドコーヒーと胡桃堂喫茶店とが
出店しています。
(…と見立てています)

 

現実には百貨店の1階は
化粧品売り場であることが
多いですけどもね。

 

これからお買い物に行く人も
お買い物を終えた人も
お買い物に関係ない人も
まずはここでひと息。

 

オンラインストアで
1階がカフェってどういうこと
なんでしょう。

 

自宅にいながら
カフェにいるかのような体験ができるということ?

 

たとえばこんな動画を
つくってみました。

「はじめての胡桃堂喫茶店」
https://festina-lente.stores.jp/items/5ebe4729515762139d435ae4

 

こういうことだけでも
ないんでしょうけれどね。

 

カフェにはコーヒーがあったり
焼き菓子があったり
思いがけない出会いがあったり
自分を受け入れてもらえる体験があったり。

 

季節のお花もあったりします。

 

イベントが開催されることもあります。
もちよりブックス
『ゆっくり、いそげ』オンライン朗読会
「クルミドの夕べ」オンライン!

 

先日は、「クルミドの朝モヤ」も
開催しましたよ。

 

オンラインストアの1階がカフェであるというのは
どういうことなのか
引き続き探求してみようと思います。

 

▽特集2
------------------------------------
モノの向こうに広がる世界
------------------------------------

 

たとえばこの動画をご覧ください。

「おうちで、クルミドミルクティー(1:09)」

 

ぼくらも日々、お店で
クルミドティーの茶葉を使って
クルミドミルクティーをつくっているのですが
そのつくり方をご紹介した動画です。

 

クルミド百貨店で
実際にその茶葉をご購入いただいた方は
ご自宅で、ミルクティーにしていただくことも
できるわけですね。

 

他にも、ぼくらが毎年
収穫の応援に伺っている
長野県東御市産の信濃ぐるみであれば
一部ではありますが
その収穫の様子、ご覧いただくこともできます。

「くるみ収穫 2019 ~竹竿でたたいて実を落す~(0:24)」

 

焼き菓子、赤米のフロランタンに関していえば
ちょうど先日(5/8)
東京新聞で記事にしていただいたこと
ご紹介しています。
(弊社の坂本が、やや不思議ないでたちにて
すみません…)

 

こんな風に
ご紹介している「商品」の背景や詳細
あるいはその「商品」を使ってできること、
深めることのできる体験
その「商品」についての第三者のコメントなど
そのモノにまつわる世界の広がりを
ご紹介しやすいのもオンラインストアの
いいところですね。

 

実際の店頭では
なかなそこまでお話することは
できないことが多いですから。

 

店頭の品揃えを充実させていくことも
もちろん大事だとは思いますが
むしろ一つ一つの取り扱い品を
その奥行きを含めて丁寧にご紹介していくのが
クルミド百貨店らしい道かなと思っております。

 

▽特集3
------------------------------------
冷凍便、はじめます
------------------------------------

 

冷凍便や冷蔵便を使えるようになると
取り扱えるものの範囲が広がります。

 

いま考えているものとしては
・くるみアイス
・くるみカレー?
・パン?
・あんこ?
などなど。

 

これはこれで
梱包が大変だったり
送料がより高くなってしまったり
大変なところもありますが
ちょうど夏へと向かうこの季節
少しずつでも取り扱い
始めていけたらなと思っています。

 

乞うご期待です!

 


長文、お付き合いいただきまして幸いです。

 

クルミド百貨店で
こんなもの扱って欲しい!など
ご要望もありましたら是非ご連絡くださいね。
お問い合わせ

 

単にモノを売りたいからということだけでなく
お店と、
お店のことを大事に思ってくださっている方々と
つながることのできるチャンネルの一つとして
このクルミド百貨店
時間をかけて、育っていったらなと思っております。

 

いつもありがとうございます。

【営業時間変更のお知らせ】

営業時間についてご案内させていただきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、

4月3日より、当面の間下記の時間で営業しております。

12:00~18:00(L.O17:30)※木曜定休

引き続き、感染防止に厳重な注意を払いながら

営業を継続することに関しご理解たまわれますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

胡桃堂喫茶店 スタッフ一同

 

【webストア・クルミド百貨店、開店しました!】

こんにちは。胡桃堂スタッフの吉田です。
突然ですが「百貨店」と聞いて何を思い出しますか?

わたしは、函館の「棒二森屋(ぼうにもりや)」を思い出します。
母親の実家の近くにあったお店です。

幼稚園の夏休みは毎年函館で過ごしていたのですが
「棒二森屋」には、自宅近くでは見たことのない
可愛い文房具、おしゃれな日用品がたくさんあって

大人たちから「棒二に行くよ」と声を掛けられるのが
とても楽しみでした。

「百貨店」という言葉を初めて聞いて
考えた人は天才だ!と思った時も
頭の中には真っ先に「棒二森屋」が浮かびました。

いつも素敵なものがたくさんあって
キラキラしているところ、「百貨店」。

今までも、これからもずっと
わたしの百貨店好きは続いていきそうです。

「クルミド百貨店」オープン仕立てで
まだまだこれから。

みんなでどんなお店にしたいかアイデアを出し合い
試行錯誤の最中です。
よかったら、ちょっとお立ち寄りください。

https://festina-lente.stores.jp/


営業時間変更のお知らせ

胡桃堂喫茶店は、3月27日に3周年を迎えます。

それを機に、下記のように営業時間が少し変わります。

 

・日:11:00~18:30(L.O. 18:00)

・月・火・水・金・土:11:00~21:00(L.O. 20:30)

・木:定休日

 

日曜日のみ18時30分閉店となり、
他の曜日は21時まで営業しております。(※木曜定休)

日曜の夜にイベントなどを企画する予定でおりますので、
ぜひチェックしてくださいませ!

 

4年目もどうぞよろしくお願いいたします。

[3.15] 胡桃堂喫茶店 朝の製本講座 ・ 文庫改装製本 ~お好きな文庫 編~

こんにちは。

胡桃堂喫茶店、スタッフの吉田です。

だんだん暖かい日が増えて来ましたね。
いつもの電車道からも、可愛らしい花を見かけるようになりました。

さて、今年1月から3月の製本講座は「文庫改装製本」
文庫本をハードカバーに仕立て直す製本です。

第3回は、お好きな文庫 編です。

みなさんのお手元に、お気に入りの文庫はありませんか。
文庫は持ち運びもしやすく、どこでも読むことができる反面
表紙が傷みやすかったり…

その文庫、ご一緒にハードカバーへ
仕立て直ししませんか。

講座の詳細、お申し込みは、下記リンクをご参照ください。
https://festina-lente.stores.jp/items/5e58f72d96fa43793628d3de

ご参加、お待ちしております。

[3.8] 胡桃堂書店 朝のもちよりブックス#19
~私の愛した積ん読たち〜
“ 積む ”から始まる読書の連なり


こんにちは。
胡桃堂書店の吉田です。

いつも通る住宅街で
引越しの車をよく見かけるようになりました。
もう旅立ちの季節ですね。

3月の朝のもちよりブックスは
ゲストに、元書店員の三田航さんをお招きして
” 積ん読 (つんどく) ”についてお話を伺います。

” 積ん読 (つんどく) ”とは?

手に入れた書籍をすぐに読まず
積み上げたままにしている状態をさします。

三田さんは、数年前まで
都心の大型書店で長らく文庫などを担当をしていました。
文学や思想哲学に造詣が深く
お客さんからの信頼も厚い書店員でした。

書店を離れた今も
ソーシャルワーカーをしながら
日々たくさんの本を読む生活を続けています。

世の中では、電子書籍も浸透しつつあり
断捨離が持てはやされる今

なぜいま、あえて” 積ん読 ” を選ぶのか。

また、” 積ん読 ” によって広がる読書の世界について
お話しいただく予定です。

----------------------

◇ゲスト・プロフィール

三田 航(みた わたる)さん

介護施設の生活相談員(ソーシャルワーカー)。
書店員、介護士、webライターなどを経て現職。
友人と創刊したリトルプレス『ゆがみ』を中心に
写真、散文を発表。
“甚だしさ”から距離を置いた思索、創作を心がけている。

≪ご本人からひとこと≫

わが家にはおそらく
2000冊くらいの本がありますが

その内の3割以上は
買ってから読んでいない
途中で読むのを止めてしまった積ん読本。

勿体ないなあと思うこともありますが
実はそんな積ん読たちが
本と本との有機的な繋がりを作るのに役立っています。

積ん読の効能や、良き積ん読の作り方を
少しでも伝えることができたら幸いです。

<概要>
===============
【 朝のもちよりブックス # 19 】

日時:2020年3月8日(日)9:00~10:45
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:500円 (ワンドリンクつき)
お申込み方法:
facebookのイベントページより「参加」ボタンでお知らせいただくか
https://www.facebook.com/events/875892562857972/

下記にてご連絡ください。
☎:042(401)0433
✉:info@kurumido2017.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーー

第一部 9:00~10:00
話し手:三田 航さん
聴き手:吉田 奈都子

 
第二部 10:15~10:45
「本のもちよりタイム」
 ・「胡桃堂書店のもちよりブックス」のご紹介
 ・みなさんが持って来てくださった本のご紹介
 ・本へのスリップ書き
================
◾︎もちよりブックスとは?

月に2回、「朝」と「夜」に開催しております。

「朝の会」は主にゲストの方から
「夜の会」はご参加の皆さまから順番に
おすすめの本のご紹介をしていただいております。

この「もちよりブックス」
もともとは、胡桃堂の「ある本棚」に由来しています。

それは、皆さまに持ち寄っていただいた本から構成された本棚です。
小説もあれば、料理の本、経済書、写真集も。
ジャンルは、さまざま。

共通しているのは
「大切な本だけど、もし次に読みたい人がいるなら
おすすめして、読み継いでもらいたい」
という事。

もし、皆さまのお家にも、そのような本をお持ちでしたら、
胡桃堂に預けてみませんか?

ご縁があって、うまく次の方に届いた時は
お代の半分近くをお戻しいたします。

この本棚づくりに参加してみたいという方
いらっしゃいませんか?

ありがたいことに
これまで約80人ほどの方から本をお預かりし、
日々、本のご縁を繋いでおります。

◾︎本を出品していただくにあたり

本を出品していただくには
いくつか条件があります。

実際に出品するかどうかは
その話を聞いた上で、お決めいただけます。

出品そのものは考えていなくても
本が好き、とか
どんなことをやっているのか見てみたい
そういう方も是非。
手ぶらのご参加も大歓迎です!

皆さまのご参加
お待ちしております。

|この他の予定|

夜のもちよりブックス
▪3月25日(水)19:30-21:00

[2.2]胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #18
~今田順をつくってきた本~


 
 
胡桃堂喫茶店の影山です。
 
月に一度、開いております。
「朝のもちよりブックス」
第18回目となります2月2日(日)には
今田順さんをお迎えします。
 
「今田順さん」とは書きましたが
ごめんなさい
今田君は、弊店のスタッフでもあります。
そして、胡桃堂書店の店長。
 
内に、外に
みなから愛される存在でもあります。
(身内のことですのに、すみません)
 

お店の棚をここまで
つくり、育ててきてくれた今田君。
ただ、お店の本棚をつくるときには
その意識の中にはやっぱり
お客さんの存在があるはずです。
 
お客さんによろこんでもらえそうな本。
あるいは胡桃堂書店らしい本。
 
…ですが、この日は
そうした枠組みをすべて取り外し
今田君に語ってもらおうと思います。
「自分をここまでつくってきた本」
「自分にとってかけがいのない本」について。
 
本という懐中電灯で
今田順という存在に
少しでも迫れたらなと思います。
 

------------------------------------------------------
胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #18
 ~今田順をつくってきた本~
------------------------------------------------------
 
日時:2020年2月2日(日)9:00~10:45
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:500円(ワンドリンク込み)
    *高校生以下、無料!
お申込み:info@kurumido2017.jp / 042-401-0433(11時~21時)
 
 
第一部 9:00~10:15
話し手:今田順さん
聴き手:影山 知明
 
第二部 10:15~10:45
「本のもちよりタイム」
 ・「胡桃堂書店のもちよりブックス」のご紹介
 ・みなさんが持って来てくださった本のご紹介
 ・本へのスリップ書き
 

みなさまのご参加
お待ちしております◎
 
 
|この先の予定|
#19 3月8日(日)9:00~10:45
#20 4月12日(日)9:00~10:45
 
ゲストがいないしっぽりとした夜の会も
好評開催中!
1月29日(水)19:30~21:00

【平日のお食事ご提供時間変更のお知らせ】

こんにちは。店長の吉間です。
胡桃堂喫茶店では開店からラストオーダーまで、食材を切らさない限り定食をお出ししておりましたが、
2月3日よりご提供時間を変更いたします。

■平日のお食事ご提供時間
昼11:00~L.O.14:30
夜17:00~L.O.20:30

※月曜日は17:30がラストオーダーとなります。
なお、土曜・日曜は今まで通り変わりません。

皆さまにはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

[2/7 – 2/16] 渡部萌 展


 
 

 
 
みなさま
どうもこんにちは。
スタッフのいまだです。
  
今年はここまであたたかかったですが、
だんだんと寒さが強まってきました。
やはりしびれるような寒さを超えた先に迎える春にこそ
歓びがあるような気がしています。
 
さて、胡桃堂喫茶店では
立春の候、2月の頭に
新たに展示を開催することになりました。
 
小店はギャラリーがあるわけではなく、 
書店、物販スペースを使いながら
という感じにはなりますが、
「これは!」と思ったものと出会った際に
ささやなか展示会を開催させていただいております。
 
 
今回、展示をしていただくのは
渡部萌さん。
 
1年のうち2ヶ月弱、東北の山に入り
胡桃の樹皮、あけびの蔓など
山から材料をいただいて、
カット もしくは、
乾燥させて保存し水にもどして
編んでゆき、かたちをつくります。

   
編んだものは
籠やブローチになっていくのですが、
その姿・かたちを見たときに、
もともとこの形であったかのような
印象を受けました。
 
渡部さんの手を経て、かたちになった作品なのに、
最初からその形である必然性のようなものを感じる作品。
  
渡部さんの作品たちは
単純で複雑 繊細でいて強く 固くて柔らかいなど
生き物が併せ持つ矛盾や複雑さのようなものを
持ち合わせているように思うのです。
  
ぜひ、まずは
手に取ってみていただけたらと思います。
 
さらに、
今回、枠が少なくはありますが、
渡部さん指導のもと
2時間ほどで胡桃の樹皮を使って
籠を編むワークショップを開催します。
ご興味ある方は是非、ご参加いただけたら嬉しいです!
 
 
■□
渡部萌 展
2/7(金) - 2/16(日)
  
日・月曜 11:00-18:00
火−土曜 11:00-21:00
木曜定休
  
 
----------
【こちらは満席となりました(2/4)】
 
胡桃樹皮を使ったかごづくりワークショップ
2/9(日)19:00-21:00
5,500円(税込・材料費込)
定員6名
この投稿の冒頭の写真のような
胡桃樹皮を使ったかごづくりを行います
(径18cm 高さ12cm)
  
お申込み
info@kurumido2017.jp 
担当・今田まで
 

日:11:00~18:30

    

月・火・水・金・土:11:00~21:00

木:定休日

contact us