胡桃堂喫茶店

[8.25] アイスクリーム スプーンづくりから



みなさま

どうもこんにちは。
スタッフのいまだです。

コツコツと準備してまいりましたこの夏イベント、
ついにご案内できることとなりました。

年に一度、鍛金作家の鮫島貴子さんと
鍛金にまつわるイベントを開催してきたのですが
2017年 2018年

今年は鍛金技法でつくる
真鍮スプーンワークショップを
ついに、胡桃堂喫茶店にて開催できることになりました!!



今回は縦23mm×横120mm×厚さ1.2mmの真鍮板を
糸ノコでカットして、やすって
その後、形成しやすいようにバーナーでなましたら、
打って、鍛えてスプーンにしていきます。

そしてスプーンが完成したら
長野県東御市の胡桃をたっぷりとつかった特製アイスを
みんなで食べようと思います。

真鍮は熱伝導率が高いため
かたいアイスにさすと手の体温が伝わり
溶かしながらすくい出しやすくなります。

 
どうやったら1枚の板がスプーンの形になっていくのか。
原初的な鍛金という手法を通じて
体感し、みんなでつくる喜びを感じられたらと思います。



アイスクリーム スプーンづくりから

日時 8月25日(日)9:00-11:00
場所 胡桃堂喫茶店(国分寺市本町2-17-3)
会費 6,500円(材料代、胡桃アイス代含)
予約 定員  20名
   【電話  042-401-0433 
メール info@kurumido2017.jp】      

ギリギリではありますが、
お子さんの自由研究・自由工作なんかにも
よいのではと思います。
(小学生以下の方は保護者の方もご一緒にご参加をお願いいたします)
 

【国分寺産ブルーベリーを使ったカステラショート】

今年のブルーベリー、国分寺では雹の影響で収量に影響が出てしまっています。
特に毎年お世話になっている平野さんのブルーベリーは被害の打撃が大きいそうです。(長年のお付き合いですが、こんな年は初めてです)
カステラショートでは、できる限り国分寺産のものを使用してお作りしています。(難しい場合は、他の産地のものも使用することもありますが…)
青空のもと溢れんばかりの丸く美しい実をならすブルーベリーの姿は毎年圧巻です。
その景色を当たり前のように見られていたことは、実は当たり前ではなく、こういう年もあるんだということを痛感しました。

まずは今年の収穫されたブルーベリーを大切に使ってお作りしたいと思います!

さて、カステラショートの方はと言いますと
ヨーグルトとブルーベリージャムをベースとしたムース仕立てになっております。
ふわとろっと口当たり軽く、ブルーベリーの爽やかな甘酸っぱさを楽しんでいただけます。

じめじめが続くこの季節にもぺろりと召し上がれますよ♪

合わせるお飲み物は紅茶ももちろん合いますし、今お出ししている「初夏のアイス珈琲」にも相性◎ですので、ぜひお試しください。

ご提供期間は7/31までとなります。

お待ちしております!

<満席御礼>
[7.22・月]
ビブリオ・パドル in 胡桃堂書店



【7.16 21:30 追記】
このイベントはおかげさまで満席となりました。
沢山のご参加お申込み、誠にありがとうございました。



ビブリオ・バトル ・・!?
いいえ、《ビブリオ・パドル》です。

ビブリオ・パドルは
2015年春、絵本好きな二人の女性が
国分寺駅南口にある絵本屋さん
「おばあさんの知恵袋」で出会い、生まれました。

「子どものためと思われがちな絵本を、
大人がもっと自由に楽しめる場所がつくれたら」
「競い合う”バトル”でなく、
おおらかに語り合えたら、素敵じゃない?」

毎月のテーマに沿って絵本を持ち寄り、
紹介し合い、耳を傾け合い、
回を重ねて、7月で48回。
5年目を迎えるまでになりました。

数々の絵本から元気をもらったり、
ホロリとしたり、笑い転げたり・・・。

尽きない絵本の魅力を語るもよし、
読み伝えるもよし、
ただ聞いているだけでもOK。
参加条件はただ一つ、「絵本が好きなこと」。
絵本への考え方、絵本の新しい発見など、
いろいろな出会いがそこにはあります。

今回、
7/5〜7/31まで
胡桃堂書店にて開催しております
「おとなになってから出会う絵本」フェアに合わせて

ビブリオ・パドル主催の
三田村さん、永井さん、長島さんからご許可いただきまして
胡桃堂書店でもビブリオ・パドル特別編を
開催する運びとなりました。

本のテーマは
「ドキドキ、ワクワク、ゾクゾク、」です。
このテーマに沿った本を
お持ちいただけたらと思います。

■□
場所が異なれば、
いつものビブリオ・パドルの雰囲気を受け継ぎつつ
新しい風が吹き渡りそうな予感がしています。

あなたも、わたしも
乗り合わせた舟のパドル(櫂)を一緒に漕ぐように、
絵本の海に舳先を進めましょう。

<概要>
================
ビブリオ・パドル in胡桃堂書店


日時 :2019年7月22日(月)19:30~21:30
場所 :胡桃堂喫茶店
参加費:700円(ワンドリンク込み)
定員 :10名
お申込:お電話_042-401-0433 [11:00-21:00]
メール_info@kurumido2017.jp     まで

本のテーマ
「ドキドキ、ワクワク、ゾクゾク、」

7/1のこと、そして新しい取り組み

先週の月曜日、胡桃堂喫茶店とクルミドコーヒーは臨時休業させて頂き、
両店舗の社員が集まり、話し合いをしました。
(お休みありがとうございました。m(_ _)m)
 
話し合い、と言ってもなにか問題が起きたから集まったわけではなく、
まずは、2店舗のスタッフが顔をあわせる機会を持つために、
そしてみんなでなにを話すか、その場で相談するところから。
  
会は大まかにふたつのパートに分かれていました。
 
始めは、いまの気持ちや、気になっていること、
みんなで話したいテーマを出し合い、共有する時間。
 
後半は、そのなかから、具体的に解決や改善が必要な事柄について
相談する時間でした。
  
その場で解決ができない問題は、グループを編成して、
今後じっくりと取り組むことに。 
わたしは「ゴミやフードロスを減らすにはどうしたらいいか?」
を考えるグループに入りました。
  
環境のためにプラスチックストローを使わないお店も出てきたよね、
という話から広がり、グループに繋がりました。
  
ひとりひとりの疑問や、漠然と抱えていたことを、
みんなで掬い上げ、解決方法を考えられることが、
なんだかとてもうれしかったです。
  
お店のなかでどんなことができるか、、
この新しい取り組みがとても楽しみです!
  
ぜひアイデアなどございましたら教えてください!

ひるま

胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #10
生の連環の文学――英国タイム・ファンタジーと梨木香歩を題材に




どうもこんにちは。
胡桃堂喫茶店・書店担当の今田です。

月に一度開いておりました
「本の日曜出品会」
今月から名前を変えて始動してまいります。
(中身は変わりません)

その名も
「胡桃堂書店 朝のもちよりブックス」

出品会の「出品」という言葉や
地域出品システムの「システム」という言葉が
なんだか堅苦しいなあと思っておりまして
この度「もちよりブックス」という名称に変更しました。

内容はこれまでと同じでして、
本屋さんの本棚を
まちのみんなで本を持ち寄ってつくってみませんか?
というものです。

それぞれの自宅の本棚に並ぶ本。
とっておきたいもの
その背中だけでも眺めていたいもの
折に触れて読み返す本…
いろんな種類の本があると思うのですが
それらの中に
「次の人に読み継いでもらいたいと思う本」
ありませんか?

自分は読み終えたけれど、大事な本。
でも、自分が読み返すことはきっともうなく
興味を持ってくれる人がいるのなら
その次の人へと託してもいいと思う本。

そうした本、お預かりします。
値段も、決めていただいて結構です。

次の読み手とうまく巡り合えたなら
そのお代の半分近くを
お戻しさせていただきます。

そういう仕組みに
参加してみたいという方
いらっしゃいませんか?

ありがたいことに、
これまで50人以上の方が本を預けてくださり、
胡桃堂書店の棚に思いのこもった本が
だいぶ増えてきました。



日曜出品会改め
「朝のもちよりブックス」では
毎回、冒頭に案内役をお招きして
本にまつわるテーマでお話いただいております。

今回の話し手は大学院で
イギリス文学を研究されている
磯部理美(いそべ・さとみ)さんです。

磯部さんとは知り合ってまだそんなに日がたっていないのですが、
とあるワークショップで知り合い
ファンタジーの中に「タイムファンタジー」というジャンル
があることを教えてくださり、
その内容、それを話すときの磯部さんの姿勢に触れ、
今回案内役を依頼しました。

すごくざっくり申し上げると
今、世の中から「ファンタジー」が少しずつ失われていっているような気がするのです。
そんな時にファンタジー、
なかでもタイムファンタジーの入口を
磯部さんが案内してくれ予感がしており
今からとっても楽しみであります。


<概要>
================
胡桃堂書店 朝のもちよりブックス #10
生の連環の文学
――英国タイムファンタジーと梨木香歩を題材に



日時:2019年7月14日(日)9:00~10:40
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:500円(ワンドリンク込み)
*高校生以下、無料!
お申込み:042-401-0433/info@kurumido2017.jp まで
人数、お名前、ご連絡先をお知らせくださいませ


第一部 9:00~9:45
話し手:磯部理美さん
生の連環の文学
――英国タイムファンタジーと梨木香歩を題材に

扱う作品:フィリッパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』
ルーシー・ボストン『グリーン・ノウの子どもたち』
梨木香歩『西の魔女が死んだ』

案内役 プロフィール
磯部理美:1991年埼玉生まれ。2017年に東京女子大学大学院修士課程(英文学)を修了後、現在まで一橋大学大学院言語社会研究科博士課程に在学。専門はイギリス児童文学、とくに時間移動を扱う「タイム・ファンタジー」とその周辺。共著書"An Artist in Everything She Did"がイギリスにて出版予定。

---
第二部 9:50~10:40
「本のもちよりタイム」
・「胡桃堂書店のもちよりブックス」のご紹介
・みなさんが持って来てくださった出品本のご紹介
・出品本へのスリップ書き
================


<本を出品していただくにあたり>
本を出品していただくには
いくつか条件があります。

ですので実際に出品するかどうかは
その話を聞いた上でということに
なるかと思うのですが
それでも見込みで、出品候補の本
お持ちいただけるようでしたら是非。

出品そのものは考えていなくても
本が好き、とか
日曜朝ヒマ、とか
そういう方も是非。

基本、お茶でもしながら~という
ゆるやかな会ですので
どちらさまもどうぞお気軽に。

みなさまのご参加
お待ちしております◎

<この先の予定>
*変更される場合があります。
第11回 8月18日(日)
内容未定

☆夜開催の会もはじめました!

第一回開催! 6/26(水)19:30〜21:00
「胡桃堂書店 夜のもちよりブックス #01」
 https://www.facebook.com/events/2422888987792439/



[7.28]第5回 金継ぎワークショップのご案内

どうもこんにちは。
スタッフのいまだです。

今年は梅雨が長く、深く続いていますね。
これが明けたら夏。
梅雨の谷が深い分、明けたときの喜びも
ひとしおとなりそうです。

この夏も開催いたします。
金継ぎワークショップのご案内です。

この金継ぎワークショップ
2か月に1回ほど開催しているのですが、

なによりも金継ぎを終わった後
みなさん自分で直した器を見ながら
珈琲を飲んでいる様がなんとも嬉しく、
それをニヤニヤしながら見ているのが習慣になっていたりします。

   
  
以下、ご案内となります。
--------------------------------- 
第5回 金継ぎワークショップ
--------------------------------- 

胡桃堂喫茶店でのワークショップでは、
手がかぶれない「新うるし」という素材を使います。
初めての方にも優しい、簡易的な金継ぎです。
  
金継ぎとは、
ただ器をなおすだけと思いきや、
お皿が割れる前よりももっと愛おしくなる
不思議な感覚も味わえたりします。
(実際に私もやってみたのですが、
割れていないお皿より優先的に使いたい気持ちが芽生える
不思議な気持ちに出会いました)
  
割れてしまった大切なお皿
ぜひ、みんなで直し、再び食卓で使ってゆけたらと。
  
  
金継ぎの先生を務めるのは
山口祐加さん(https://twitter.com/yucca88)
金継ぎワークショップを開催するだけでなく、
「食」にまつわる仕事を
フリーランスでされています。
   
金継ぎをした後は、
金継ぎした食器を眺めながら
みんなで珈琲を飲みましょう。
(珈琲が苦手な方はハーブティーも)
  
みなさまとお会いできますこと
楽しみにしております!
  
  
●日時
7月28日(日)18:30-20:30
(終わられた方から早めに帰られても大丈夫です)
   
●場所
胡桃堂喫茶店
国分寺市本町2-17-3
  
●持ち物
・割れている器、欠けている器など2-3点。
 手持ちの食器がない・少ない場合は
 当日いくつか販売もしておりますので、お気軽にご参加ください。
(500円〜2,000円程度)
・汚れてもいい服装またはエプロン
 (手元が多少汚れるくらいですが、
  気になる方はお持ちくださいませ)
・持ち帰る際の袋や箱
  
●参加費
3,500円(ワンドリンク付き)
  
●定員
12名
  
●参加方法
Mai:    info@kurumido2017.jp
Tel:     042-401-0433(11-21:00)
  
●注意事項
・金継ぎしたうつわは電子レンジの使用、食洗機の使用はできません。
・金継ぎに使用している新うるしは合成塗料です。
 小さいお子さんの日常利用はあまりおすすめしていません。
・土鍋など直火で利用する器はご遠慮ください。
・ガラスの器は破片が少なければ修復できる可能性もあります。
個別にご相談いただけたら幸いです。
  
その他、何かご不明点などあれば
担当の今田(info@kurumido2017.jp)宛にご連絡ください。

【くるみ×カレー!】


 

 
皆様、こんにちは。スタッフの藤巻です。
胡桃堂では、先週より新しく「くるみカレー」をお出ししてます。

「くるみカレー」って何だろう?と思われる方がほとんどかな、と思うのですが、
カレーにそのまま胡桃をぱらっとのせたりするようなレシピは見かけるものの、胡桃たっぷりなカレーはなかなかなく…今回初めて挑戦してみました。
 
胡桃本来のコクと甘味を感じるクリーミーさが感じられるように、半日以上水に浸した胡桃を、牛乳と一緒に攪拌し、胡桃ごと牛乳をカレーに加えているのが、一番のポイントです。
 
そのほか、8種類以上のスパイスと、鰹出汁、バターでよく炒めた玉ねぎやトマト、ドライレーズンや生クリームも入ってます。
 
合わせたごはんは、胡桃と枝豆入りのバターライス。
酸味のあるピクルスと、野菜のオレガノ&バジル炒めも添えています。
ぜひカレーと一緒に召しあがってください♪
 
お肉やお魚は不使用のカレー。
ちょっと物足りない方には、鶏の唐揚げも150円でトッピングできます。
 
辛さはぐっと抑えて、スパイスの香りを感じられる、コクのあるカレーを目指しました。
いつも食べなじんだカレーとは少し違うかもしれませんが、一度お試しいただけると嬉しいです。
 
こちらのカレーは、7/24(水)までの提供を予定しております。
お時間帯にかかわらず、ご用意のある限りお出ししてますので、夜ご飯にもご利用ください!
お店でお待ちしてます!
 
(まみ)

【甘酒豆花始まりました!】

あたらしいお菓子メニューが仲間入りしましたのでそのご紹介をさせてください!

国分寺に、看板のないお豆腐屋さんがあるのをみなさんご存知ですか?
名前は「星野豆腐店」さん。
胡桃堂では季節ごとの定食の中身のどこかしらに星野さんのお豆腐や油揚げや豆乳を使わせていただいてます。
いつからか豆乳を使ったお菓子をお店で出すことができたらいいなぁと思うようになったのです。
もちろん無調整の何も余分なものが入っていない豆乳です、豆臭さも無くさらっとそのままでもとても美味しいのです。

豆乳はゼラチンで固めてふるふる、つるんとした食感を大事にし、これからの季節にもあうようにのど越しの良いものに仕上げました。

合わせるのは自家製の甘酒です。
麹で発酵させる甘酒なのでアルコール分はありません。
お米のみでこんなに甘くなるのかと驚きますが、自然な甘さで豆乳のお豆の味を邪魔せず引き立ててくれます。

紅絞りという品種のお豆と季節ごとの果物も一緒に添えて召し上がっていただけます。

もともとは台湾発祥のデザート、ということで台湾茶との相性ももちろん良しです。

梅雨の雨の日に本を片手にゆっくり味わうのもよし、今日は何だか重たいものは控えたい…という気持ちにもそっと寄り添う…そんなデザートになれたらいいです(^-^)

予定ではありますが7月初旬までのご提供となりますので、
ぜひぜひお試しくださいませ。
お待ちしております。

胡桃堂書店 本の日曜出品会 #09〜読書会「日本の美」を終えて〜

どうもこんにちは。
胡桃堂喫茶店・書店担当の今田です。

  
月に一度開いております
「本の日曜出品会」
5月は開催できませんでしたが、
6月は開催いたします!

  
▪    
胡桃堂喫茶店は書店を併設しており、
「胡桃堂書店」という屋号で営んでおります。 

  
この書店の取り組みとして
「地域出品システム」というものがあるのですが
それは本屋さんの本棚を
まちのみんなでつくってみませんか?
というものです。

     
それぞれの自宅の本棚に並ぶ本。 
とっておきたいもの
その背中だけでも眺めていたいもの
折に触れて読み返す本…
いろんな種類の本があると思うのですが
それらの中に
「次の人に読み継いでもらいたいと思う本」は
ありませんか?

       
自分は読み終えたけれど、大事な本。
でも、自分が読み返すことはきっともうなく
興味を持ってくれる人がいるのなら
その次の人へと託してもいいと思う本。

     
そうした本、お預かりします。
値段も、決めていただいて結構です。

     
次の読み手とうまく巡り合えたなら
そのお代の半分近くを
お戻しさせていただきます。

    
そういう仕組みに
参加してみたいという方
いらっしゃいませんか?

   

ありがたいことに、
これまで50人以上の方が本を預けてくださり、
胡桃堂書店の棚に思いのこもった本が
だいぶ増えてきました。

     

日曜出品会では毎回
冒頭ゲストをお招きして
本にまつわるテーマでお話いただいております。
今回の話し手は手前味噌感、満載ですが……
私、主宰のいまだです。

  
胡桃堂書店では1年半にわたり
「日本の美」をテーマに読書会を開催してきました。

  
今回は、
読書会とはどういう場だったのか、
また、読書会の課題本を参加者の方々が
どのように受け取ったのかなど
ご紹介していこうと思います。

   
読書会開催にあたり
自分が読んできた本も
ご興味を持ってくださる方がいれば
出品しようと思います。

  
 
<概要>
================
胡桃堂書店の日曜出品会#09
〜読書会「日本の美」を終えて〜

  
 

日時:2019年6月2日(日)9:00~10:40
場所:胡桃堂喫茶店
参加費:500円(ワンドリンク込み)
    *高校生以下、無料!
お申込み:不要です!

  
 
第一部 9:00~9:40
話し手:今田 順
読書会「日本の美」を終えて

---
第二部 9:50~10:40
「本の出品会」
 ・地域出品システムのご紹介
 ・みなさんが持って来てくださった出品本のご紹介
 ・出品本へのスリップ書き
================ 

     
<本を出品していただくにあたり>
本を出品していただくには
いくつか条件があります。

ですので実際に出品するかどうかは
その話を聞いた上でということに
なるかと思うのですが
それでも見込みで、出品候補の本
お持ちいただけるようでしたら是非。

出品そのものは考えていなくても
本が好き、とか
日曜朝ヒマ、とか
そういう方も是非。

基本、お茶でもしながら~という
ゆるやかな会ですので
どちらさまもどうぞお気軽に。

みなさまのご参加
お待ちしております◎

  
<この先の予定>
 *変更される場合があります。
 第10回 7月14日(日)
 〜19cイギリスのタイムファンタジーについて〜

☆今後、夜開催の会も検討しています!

<満席御礼>
[6.3 (月)]レンタルなんもしない人による
半日書店員&トークイベント

[5/30 追記]

こちら、有り難いことに満席となっており
キャンセル待ちという形で対応させていただいておりましたが、
キャンセル待ちの方も多数となりましたので、
締め切らせていただきます。

 
たくさんのご参加お申込み、
誠にありがとうございました。




どうもこんにちは。

胡桃堂書店スタッフのいまだです。

今、色んなところで注目され、紹介されている
レンタルなんもしない人

実はこの活動が始まる前から
レンタルさん、よくお店に来てくれておりました。
(その頃はまだ"レンタルさん"ではありませんでしたが)

私個人としても
店主・かげ山の私塾で一緒に学んだ仲間でして
その後、面白いことを始められたなぁと思っていたら
あれよあれよと有名になられて……

このタイミングでイベントをご一緒できること
とてもうれしく思います。


イベント開催日の
6月3日というのは、実はレンタルさんの活動一周年記念の日。
そんな大切な日に「ご一緒になにかやりましょう!」
というお話になりまして、今回2つの企画が実現しました!!

①レンタルなんもしない人による、半日書店員
②レンタルなんもしない人トークイベント
−レンタルなんもしない人かく語りき ? −



①レンタルなんもしない人による、半日書店員

レンタルなんもしない人さんに
13:00-18:00の間、書店員として
店頭に立って(座って)いただきます。

「ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます」ということですので
なにか本をオススメしたりということはないかもしれませんが、
店頭に立って、いらっしゃった方と
挨拶したり、おしゃべりしたいと思っています。

レンタルさん関連の書籍
『レンタルなんもしない人のなんもしなかった話』
『〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。』

をご購入の方にはサインをしてくれる、かも…?!

また胡桃堂書店では
6/3(月)から「レンタルなんもしない人の本棚」も設置いたします。
レンタルさんの活動の源泉にはどんな本が存在するのか
レンタルさんが選書した本棚を
のぞきに来ていただけたらと思います。


レンタルさんが店頭に立つ時間
日時  :2019年6月3日(月)13:00~18:00
参加費 :無料
ただし、着席してレンタルさんとお話される場合、
1オーダーをお願いいたします


②レンタルなんもしない人トークイベント
〜レンタルなんもしない人はかく語りき〜


2018年6月2日22:20
『レンタルなんもしない人』というサービスを始めます。
1人で入りにくい店、ゲームの人数あわせ、花見の場所とりなど、
ただ1人分の人間の存在だけが必要なシーンでご利用ください。
国分寺駅からの交通費と飲食代だけ(かかれば)もらいます。
ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます。


とツイートして始まった「レンタルなんもしない人」。
これまでの1年分の活動を振り返りながら、
そもそもこの活動を始める前の
レンタルさんはどんな人だったのか。
これまでレンタルさんが読んできた本
とくに影響を受けたというニーチェ著『ツァラトゥストラはかく語りき』
にも触れながら、あれやこれやお話を聞いていきたいと思います。

ただ、やはり「ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます」
とのことでしたので、当日どんな感じになるのか
ちょっとドキドキもしています。


日時  :2019年6月3日(月)19:30~21:30
参加費 :1,500円(ワンドリンク込み)
定員  :35名
お申込み:こちらから、もしくは店頭からお願いいたします。

日・月曜日 11:00-18:00

    

火・水・金・土曜日 11:00-21:00 

木曜定休

contact us

EMAIL